医療用監視システム
プロオプティメント

Pro Optiment

Providing an optimal environment

危険を可視化
感染リスクを見逃さない

ひとにやさしい環境が、みんなを幸せにする。
私たちができることは、お客様の最適なビジネス環境づくりです。
それによって、サステナブルな社会が実現することを目指しています。

からだが弱った患者さんが集まる医療施設は常にウイルス感染がおこりやすい場所です。
今、院内感染をいかに防ぐかは社会にとって最も重要なテーマと言えるでしょう。
北陸を中心に多くの医療施設建設に携わる私たちができるのは、
今の時代に必要な医療環境を実現することです。
医療のあらゆる空間を監視することで感染のリスクを低減させて、
安全・安心なより良い環境をご提供できると考えています。

紹介動画 MOVIE

医療用監視システム プロオプティメント 「Pro Optiment」の魅力をわかりやすくご紹介しています。ぜひご覧ください。

Pro Optimentは医療現場に
最適な環境を提供します

インターネット オプション 空調、換気機器制御 オプション デジタルサイネージ 温度・湿度・CO₂濃度の計測 ※屋外はCO₂濃度の計測のみ

医療用監視システム
3つの特徴
BENEFIT

  1. 1 疫学データをもとに感染リスクの定量化※1

    二酸化炭素濃度、温度、湿度など各種センシングデータとWebで取得した疫学データ※2をもとに感染リスクを定量化※1、危険度を可視化します。

    1. ※1:感染リスク定量化の方法論は特許出願中です。
    2. ※2:疫学データは「国立感染症研究所Webデータ」から取得したものです。

    危険度を赤、黄、緑の3段階に分けて表示することで、分かりやすく各感染症のリスクを伝えます。誰でも直感的に危険度を認識することで、すぐに対応策を取ることができます。

    グラフ画面では時系列で1日、3日単位の危険度推移が確認できます。

  2. 2 見える化で標準予防策の行動を啓発

    センシングデータは、クラアント端末(PC、スマートフォン、タブレット)にてリアルタイムに閲覧することができ、リスクに応じたアラート通知で“手指衛生”、“個人用防護具”、“咳エチケット”などの標準予防策※3の行動を啓発します。

    ※3:標準予防策は米国疾病管理予防センターCDCによる医療ガイドラインに沿ったものです。

  3. 3 感染リスクに応じた換気設備の制御

    定量化したリスクに応じて空調・換気設備の自動制御やデジタルサイネージにより換気の改善や感染の予防策として活用可能

    空調、
    換気機器
    制御

    デジタル
    サイネージ

    PC

    スマートフォン

対応感染症 RISK TREATMENT

弊社のシステムは新型コロナウイルス、インフルエンザ、麻疹、結核これら代表的な感染症のリスクの定量化(※)に対応しております。

※感染リスク定量化の方法論は特許出願中です。

感染リスクの定量化に対応している感染症

  • インフルエンザ

  • 新型コロナウィルス

  • 麻疹

  • 結核

標準パッケージ STANDARD PACKAGE

計算点数

  • 室内温度×4点
  • 室内湿度×4点
  • 屋外CO2濃度×1点
  • 室内CO2濃度×4点

※4点は、無線通信可能な範囲で組み合わせができます。例)1室×4点、2室×2点

[仕様]

  • 各種センサー類の無線通信は医療機関での使用頻度が少ない周波数帯(928MHz)を使用しています。
  • 二酸化炭素濃度計はNDIR方式を採用
    NDIRはNon Dispersive InfraRed(非分散形赤外線)の略で二酸化炭素濃度を吸光度で測定する際、対象ガスに変化を及ぼすことなく測定が可能
OPTION
  • Gatewayの増設により複数の部屋、測定ポイントを増設出来ます。
  • センシングデータを解析し、空調設備、換気設備の制御が可能です。
  • 計測器からGatewayまでの通信は有線も可能です。
  • デジタルサイネージを設置し、情報発信が出来ます。

お問い合わせ CONTACT

資料請求、導入のご相談、お見積りのご依頼など、どんなことでもお気軽にご相談ください

[東京本社]

〒171-0021 東京都豊島区西池袋5丁目1番3号 メトロシティ西池袋5階 TEL.03-3590-5000

[金沢本社]

〒921-8526 石川県金沢市御影町10番7号 TEL.076-241-1141(代表)

製品の名称、仕様は予告なく変更する場合があります。本システムは、設置のみで感染リスクを低減するものではありません。

医療用監視システム
プロオプティメント
「Pro Optiment」の魅力