RYOKI 採用情報サイト

ENTRY エントリーINTERNSHIP インターンシップ

インタビュー

Interview

広い視野で経験を積み、設備のトラブルを解決します。

入社のきっかけを教えてください。

就活当初は大学のある新潟県で、工学部で学んだことを活かせる企業への就職を考えていました。当時は漠然としていて、建設・設備関連の業界に特別な興味を持っていたわけではありません。当社との出会いは、大学で開催された合同企業説明会でした。さまざまな企業がブースを構える中、当社の担当者からは他社にはない、おっとりとしたどこか和やかな雰囲気を感じました。「この会社の話を聞いてみたい」と、人を引き付ける魅力を備えていたと思います。実際に入社後から現在に至るまで、社内にいても、現場に出ても、楽しく仕事ができているので、学生時代の私の直感は当たっていたと言えるでしょう。

仕事について教えてください。

サービス課は24時間365日体制で、設備に関するトラブルを解決する部署です。具体的には、「エアコンの効きが悪い」「水回りがおかしい」など、お客様からご連絡を受けて現場へ直行。私たちサービスマンがその場でどこが悪いかを判断し、応急処置を施します。もしも、専門的な知識や技術を要するなど症状が深刻な場合は、修理の計画を立てて必要な部品や職人さんを手配することも大切な役割です。同じような故障でも原因が違ったり、対処法が異なったりと、決して単調な仕事ではありません。目の前の問題をクリアすること、そしてお客様から「助かったよ」と感謝のひとことをいただけることに、やりがいを感じています。このほか、定期メンテナンスを通し、トラブルの未然防止にも力を入れています。

仕事風景

仕事風景

仕事をする上で心がけていることは?

もう慣れましたが、一人でお客様の元へ行き始めた頃は、本当に緊張しました。当時はミスも人並みにしたと思います。とある事務所のエアコンの入れ替えを担当した際、必要な材料を手配していないことに気づいて、真っ青な顔で新潟県内を探し回ったこともあります。しかし、上司、先輩はもちろんお客様と協力業者の皆さんに育ててもらったおかげで、今はある程度のことなら、何でもできるという自信がつきました。それでも、まだまだ先輩とは実力差があります。さらなる成長のために現在意識しているのは、視野を広く持つことです。もっと場数を踏んで、「想定外」をたくさん経験したいです。どこに行っても、冷静な判断をできるようになりたいですね。



ある日のスケジュール

就活生へのアドバイス

24時間365日のサービス体制と聞くと「休みがない」「プライベートの時間がとれない」などと不安を感じる方もいると思いますが、当社は社員のワークライフバランスを尊重しています。例えば、サービス課の場合、スタッフ同士で日程を調整し合い、負担がかかるようなことはありません。医療施設や商業施設など、お客様の都合で、時には土日、深夜出勤もありますが、その際はもちろん、代休をとることができます。充実した社会人生活を送ることができる環境です。

その他のインタビュー

設計職 岸由紀子

施工管理職 佐藤明俊

設計企画職 岩澤公子

営業職 高田治樹

リニューアル職 平尾嘉章

arrow

2018 © RYOKI Co.,Ltd.