RYOKI 採用情報サイト

ENTRY エントリーINTERNSHIP インターンシップ

インタビュー

Interview

さまざまな職種と連携しながら、お客様にとってベストな提案をまとめます。

営業の仕事について教えてください。

私の主な役割は、空調や衛生など各種設備の更新をお客様に提案することです。当社サービス課のスタッフが定期メンテナンス時に得た情報を基に、ヒアリングすることから多くの仕事が始まります。問題点などを整理した後、設計、工事など社内の関連部署はもちろん、設備を取り扱うメーカーの担当者とも打ち合わせを重ね、建物を使用する人や環境にとってベストな答えを探ります。お客様から施工の時期や予算に関する要望などを承りながら、納得いただく提案と見積もり金額をまとめるために自ら考えて動くこと、時には周りを動かすことが求められます。営業マンとして大きな実績があるわけではありませんが、日々の仕事を通して経験と知識が着実についていることに、やりがいと楽しさを感じています。

仕事をする上で大切にしていることはありますか?

営業の仕事は周囲の協力が欠かせないため、日頃からコミュニケーションを大切にしています。些細なことかもしれませんが、社内で何かを依頼する際は内線電話やメールに頼るのではなく、直接会って話すことにこだわっています。もちろん、周りから何か協力を求められれば、喜んで応じるように心がけています。もう一つはチームワーク。学生時代に野球をしていたので、社会人になってもチーム(社内)の雰囲気を良くするために何かできないかと考えてしまいます。仕事の合間に他愛のない雑談をしたり、休日にイベントを企画したりと、より良好な関係づくりにも取り組んでいます。

仕事風景

仕事風景

新人時代は、どのような社員でしたか?

地元石川を代表する建築物の建設に携わることを夢見て当社の一員となりました。文系出身のため、設備に関する専門的な知識はありませんでしたが、最初に配属となった工事課では理解のある上司の下、さまざまなことに挑戦させてもらいました。当時は現場で見るもの聞くもの全てが新しく、大きな役割を果たしていたわけではありませんが、刺激的な毎日を送ることができました。新人時代に現場で教わったことや感じたこと、一つの仕事を終えた後に大勢の人と喜びを共有できたことは、社会人としての原点です。これからも目標を見失わずに日々の仕事をコツコツと頑張りたいですね。



ある日のスケジュール

就活生に菱機工業の良さを教えてください

チャレンジができ、若手にチャンスを与えてくれる会社です。上司は「何でもやってみろ。分からないことがあれば聞け」と背中を押してくれます。学生の頃は、失敗が嫌で結局は何もしないタイプでしたが、社会人になって変わることができたと思います。今では挑戦することを恐れて行動しないことこそ、最大の失敗だと考えるようになりました。上司、先輩のサポートもありますが、まずは自分で考え、可能性を探っています。

その他のインタビュー

設計職 岸由紀子

施工管理職 佐藤明俊

サービス職 神 真之介

設計企画職 岩澤公子

リニューアル職 平尾嘉章

arrow

2018 © RYOKI Co.,Ltd.