ABOUT RYOKI

インタビュー

2
金沢本社 リニューアル課 2016年入社
菊池 遼介
駒沢大学 卒業

取材時にも現場にいる協力会社の方と冗談を交えながら親しそうに
話していた姿が印象的な、リニューアル課の若手社員。
人と関わる仕事が好きだという彼に、リニューアルの仕事について聞いてみました。

同じ現場は一つもない、 だから現場のたびに 成長を実感できる!

Q リニューアルとはどんな仕事ですか?
A すでに建っている建物の設備をリニューアルすることで、性能を向上させて価値を高める仕事です。お客さまが営業している中で施工を行うので、各所の調整能力や水漏れなどのトラブルが起きないようにきめ細かく仕事をすることが重要です。
Q リニューアルの面白いところは?
A 現場の仕事に共通して言えることですが、同じ現場が一つもないので多種多様な経験ができます。失敗をしたり恥をかいたりしながらも、できることが増えて自分のスキルが上がっていくのを実感します。
Q 印象に残っている仕事はありますか?
A 1?2年目の時に携わったイオンモール新小松の新築工事です。初めて最初から最後までやりきった案件で、オープンする瞬間に立ち会えたことはすごく印象に残っています。当時は工事課にいたので、工事課ならではの規模の大きいプロジェクトの面白みも感じました。
Q 菱機工業を選んだ理由を教えてください。
A 説明会で仕事内容を聞いた時に、毎日会社にいてルーティンワークをこなす仕事よりも、現場で臨機応変に対応しながら人と関わることができる現場監督の仕事の方が楽しそうだと感じたからです。選考を通じて、会社内の雰囲気がよさそうと思ったことも決め手の一つでした。
Q 入社後にギャップはありましたか?
A 会社の雰囲気は思った通り、同期や先輩とも仲良くできています。現場監督の仕事は楽しい反面、職人さんとゼネコンの担当者の間に入る難しさもありましたが、同期や歳の近い先輩に話を聞いてもらいながら、現場の職人さんとのコミュニケーションに雑談も交えるようにしました。今では、現場の人たちと一つの物件を完成させることにやりがいを感じています。
Q ワークライフバランスは取りやすいですか?
A リニューアル課は元請けの仕事が多く、個人の裁量が大きいという特徴があります。すべてが自己責任になるため緊張感はありますが、自分の考えを反映しやすい面白さもありますし、自分のペースで仕事を進められるのでバランスは取りやすいと思います。
Q 先輩・上司はどんな風に教育してくれましたか?
A わからないことを質問すれば、なんでも答えてくれました。必ずしも答えを教えてくれるわけではありませんが、適切なアドバイスをいただけて助かっています。また気さくに「大丈夫?」「疲れてない?」などと優しく声をかけてくれて、困ったことがあると相談しやすい空気をつくってくれているなと思います。
SCHEDULE

菊池さんのある日のスケジュール

  • 8:00
    出社、朝礼
    ToDoリストやメールを確認し、その日の作業内容を朝礼で確認します。
  • 8:45
    現場巡回
    職人さんとコミュニケーションを取りながら、作業状況や工事進捗を確認します。
  • 12:00
    昼休み
    昼食をとったあと、午後からの仕事に集中できるように仮眠をとるようにしています。
  • 13:00
    昼礼
    次の日の作業内容の確認や作業間調整をこのタイミングで行います。
  • 17:00
    現場巡回
    職人さんの帰る時間に合わせて、1日の進捗と作業終了を確認します。
  • 19:30
    退社
    終了したToDoは消し、次の日のToDoを書き出して帰宅します。
SCHEDULE

学生へのアドバイス

将来、自分がどうありたいか
じっくり考えることが大切。

自身の将来についてじっくり考えることが大切だと思います。就職活動は面倒な部分もあるし、内定がもらえないと辛くなって逃げ出したくなることもあります。でも、目先のことだけ考えて逃げ出したり、適当に就職先を決めたりすると後々自分が後悔します。自分がどうありたいかを、じっくり考えて選択してください。

2024卒向け GUIDANCE 会社説明会のご案内2024卒向け GUIDANCE 会社説明会のご案内 インターンシップでお仕事体験RYOKIを体験しよう!インターンシップでお仕事体験RYOKIを体験しよう! 募集要項
MENU