ABOUT RYOKI

インタビュー

3
金沢本社 工事課 2016年入社
大井 賢汰
秋田大学 卒業

「現場にいる人が気持ちよく仕事ができるように、職人さんの気持ちをすごく考えます」と
話してくれたのは工事課の若手社員。現場監督として施工の最前線で働く彼から、
仕事を通じてどんな風に成長したか、今後の目標などを聞いてみました。

自分の段取りで 現場の働きやすさ を変えられる!

Q 工事(施工管理)とはどんな仕事ですか?
A 工事の現場監督として、お客さまやゼネコンの担当者、現場の職人さんなど様々な人とコミュニケーションを取りながら、施工がスムーズに進むように段取りをする仕事です。予想外のことも起こる現場での仕事は難しいこともありますが、施工全体の良し悪しが自分たちの段取り次第で決まるやりがいがあります。
Q 工事(施工管理)にはどんな人が向いていますか?
A 人をまとめることや、企画するのが好きな人。一つの現場でも、必要に応じて複数の職人さんの力を借りて施工を進めていきます。それぞれの意見を聞いて話をまとめながら「こうしたらもっとやりやすくなるかも」と自分で考えて提案する力が、施工管理の仕事ではとても大切です。
Q 印象に残っている仕事はありますか?
A 事前に用意されていた図面が不十分だった現場は、職人さんからの電話が鳴り止まず、図面をさわれるのが自分だけだったこともありかなり大変でした。なんとか現場を収めることができた時に、職人さんからは「若いのによくやったね」上司からは「大井がいてよかった」と声をかけてもらえて、自分の頑張りを見てくれて評価されているのを感じて嬉しかったです。
Q 新入社員の頃と比べて成長したと思うところを教えてください。
A 自分の意見を言えるようになりました。1年目から上司と2人の現場に入って、雑務だけではなく実際の仕事をたくさん経験させてもらい、早めに全体の流れをつかめたことが自信につながったと思います。
Q 先輩・上司はどんな風に教育してくれましたか?
A 一から丁寧に仕事を教えてもらいました。わからないことがあった時も正解をただ教えてくれるのではなく「なぜそうなのか」がわかる資料を準備して説明してくれて、自分の中で理解が深まると同時に他の現場でも自分で考えながら知識を応用できていると思います。
Q 後輩と接する時に意識していることはありますか?
A 後輩に仕事を教えるときは、「見て覚えて」とは言わず、丁寧に手とり足とり教えることを心がけています。自分がそうだったように何もわからない状態だと思うので、自分がやってもらって嬉しかったことを後輩にも伝えていきたいです。
Q 今後の目標を教えてください。
A 大きい現場で現場所長になり、ノー残業で現場を収めることです。できるだけ予想外のことが起きないような段取りを組む必要があり、かなり高い目標ですが…。それでも作業効率をあげることは、現場で働く人はもちろん自分や後輩にとっても働きやすい環境につながると思うので、そのための力をつけていきたいです。
SCHEDULE

大井さんのある日のスケジュール

  • 7:30
    現場に到着、朝礼
    担当している現場に到着し、当日の作業内容を朝礼で確認します。
  • 9:00
    図面作成、商品手配
    施工図面を書いたり、必要な設備や機器などを手配したりします。
  • 10:00
    現場巡回
    職人さんとコミュニケーションを取りながら進捗の確認、施工の記録写真を撮影も。
  • 12:00
    昼休み
    昼食は現場事務所で仕出し弁当をいただいて、午後からの仕事に備えます。
  • 13:00
    昼礼
    午後の作業や、翌日の搬入等がスムーズにできるよう打ち合わせをします。
  • 17:30
    退社
    職人さんが帰るのを見届けてから、自分の事務作業を終えて退社します。
SCHEDULE

学生へのアドバイス

やりたいことが
見つからなくても大丈夫!

やりたいことがない人は、やってもいいかなと思えることから仕事を探すのもいいと思う。人と関わるのが嫌いじゃないなら営業や接客業。コツコツと作業するのが嫌じゃないなら製造業。自分もやりたいことがなかなか見つからなかったけど、そうやって視野を広げていく中でこの仕事に出会いました。嫌じゃないことから探すのが第一歩だと思います。

2024卒向け GUIDANCE 会社説明会のご案内2024卒向け GUIDANCE 会社説明会のご案内 インターンシップでお仕事体験RYOKIを体験しよう!インターンシップでお仕事体験RYOKIを体験しよう! 募集要項
MENU