ABOUT RYOKI

インタビュー

4
金沢本社 営業課 2014年入社
高田 治樹
京都産業大学 卒業

「それぞれの領域でその道のプロが社内にいて、営業はお客さまと話をするプロだと思う」
という言葉にも、他の職種へのリスペクトと営業の仕事への誠実さが感じられる営業課の若手社員。
そんな彼に菱機工業を選んだ理由や仕事について聞いてみました。

自分の行動から 大きなプロジェクトが どんどん動いていく!

Q 営業とはどんな仕事ですか?
A 空調や衛生など各種設備をお客さまに提案する仕事です。お客さまとのコミュニケーションはもちろん、設計や工事など社内の関連部署、設備を取り扱うメーカーの担当者とも打ち合わせを重ねて、最適な提案をつくりあげていきます。
Q 菱機工業を選んだ理由を教えてください。
A 地元の石川県を代表する建物に携わりたいと思ったからです。会社説明会で施工実績の中にある建物が石川県庁・加賀屋・金沢フォーラスなど、自分でも知っているような石川県の代表的な建物だったことが決め手でした。
Q 実際に地元石川県の建築物に携わってみてどうですか?
A 代表的な建物とは言えないかもしれませんが、野々市のコストコの新築工事に携わりました。オープン前から話題になっていて、楽しみにしてくれた人も多かったので、現場にいる頃から誇らしい気持ちで仕事ができました。
Q 営業の面白いところは?
A プロジェクトのスタートを担えるというやりがいが営業にはあります。まだ何も決まっていない計画段階から携われるのはもちろん、自分の行動次第で仕事を受注できるかできないかが決まるのは責任感もありますが、営業ならではの面白いところだと思います。
Q 印象に残っている上司の言葉はありますか?
A 上司が教えてくれた「相手の立場になって考える」ということは常に意識しています。こちらが一方的に「お客さまのために高スペックな設備をつけました!」と言っても、相手はただ部屋を暖かくしたいだけかもしれない。その場合いくら高スペックな設備でもお客さまにとって無駄なオプションになります。相手の立場になって、相手が求めることはなんなのか考えて、本当にお客さまのためになる提案をしたいです。
Q 仕事で心がけていることはありますか?
A さまざまな領域のプロフェッショナルに協力をお願いするのも、営業の大切な仕事です。何かお願いをするときは、メッセージではなく直接顔を見てお願いする。設計をお願いするときも必要事項だけ伝えるのではなく、参考となりそうな資料集めなどこちらが協力できることはないか聞く。協力してくれる方達が気持ちよく仕事を進められるように、営業としてコミュニケーションで工夫しています。
Q 後輩と接する時に意識していることはありますか?
A 困った時に「高田さんだったらどうしますか?」と気軽に相談しやすい存在でいられるように、あまり先輩ぶらずにフレンドリーに接しています。今後は後輩や新入社員の目標となれるような存在になっていけるよう、自分自身も頑張ります!
SCHEDULE

高田さんのある日のスケジュール

  • 8:30
    始業
    8時前には出社して、一日の流れをシミュレーションしています。
  • 9:00
    現場で調査
    業者の方と、設備の搬入出の経路を確認。見積もりを作る上で重要な調査です。
  • 12:00
    昼休み
    太りやすい体質なので、ヘルシーな食生活を心がけています。
  • 13:00
    書類作成
    午前中に調査した結果をまとめたり、別の案件の見積書を作成したりしています。
  • 16:00
    会合に出席
    ゼネコンの会合に出席し、最新の施工事例や安全対策などの情報をチェックします。
  • 18:00
    退社
    残業ゼロを目標に仕事をしています。仕事終わりにはたまにジムに向かうことも。
SCHEDULE

学生へのアドバイス

仕事選びは学部に
とらわれないでOK!

分野や業種に関係なく、自分が働きたいと思えるような仕事を見つけてください。僕は文系から菱機工業に入りましたが、営業というお客様とのコミュニケーションのプロとして、社内の様々な領域のプロフェッショナルに協力してもらいながら仕事を進めています。自身の役割を全うすることが何より大切だと思うので、大学の学部にとらわれることなく視野を広げて就職活動を行ってみてください。

2024卒向け GUIDANCE 会社説明会のご案内2024卒向け GUIDANCE 会社説明会のご案内 インターンシップでお仕事体験RYOKIを体験しよう!インターンシップでお仕事体験RYOKIを体験しよう! 募集要項
MENU